イベントの様子(終了分)

第85回 ソウル・セミナー Report

1月19日(月)
 
第85回Shizuoka Soul Seminar Report

特集は 最近は忘れられた存在である名シンガー ”Joe Tex"

彼の60年代初期の音源から70年代までの音源を追いました。

詳細は Shizuoka Soul Seminar 欄で 
1月19日(月)  第85回 SHIZUOKA SOUL SEMINAR
                      特集 「Joe Tex」
 JoeTex は本名 Joseph Arrington Jr. 1933年8月8日生まれ、テキサス州ヒューストン近郊で
 育ち、 高校卒業と同時に、King レコードと契約、その後 Ace レコード~Anna~Checker と
 レーベルを渡り歩き、61年に Buddy Killen が Joe Tex のために立ち上げた Dial レコードに
 入社その後は10数年同レーベルに籍を置き、安定したリリースを続ける。
 
 セミナーではDial レコードの作品の紹介に時間を割きました。
 
 Dial 3000 The Only Girl I've Ever Loved
         3013 Someone To Take Your Place
         4001 Hold What You've Got
         4003 You Better Get It
         4003 You Got What It Takes
         4022 A Sweet Woman Like You
         4026 The Love You Save
         4028 S.Y.S.L.J.F.M.
         4033 I Believe I'm Gonna Make It
         4051 Papa Was Too
         4055 Show Me
         4061 A Woman's Hand
         4063 Skinny Legs And All
         4068 I'll Make Everyday Christmas
         4068 Don't Give Up
         4069 You're Gonna Thank Me, Woman
         4076 I'll Never Do You Wrong
         4090 Buying A Book
         4093 That's The Way
         4094 We Can't Sit Down Now  
         1010 I Gotcha
         1018 Rain Go Away
         1020 Woman Stealer
         1156 Baby, It's Rainin'
         
      と紹介しました。

   Joe の凄いのは上記作品のほとんどが自作であること。
   そして自分のスタイル(曲の中に語りを織り込む)を貫く姿勢
   が強固であること です。
   サザン・ソウルの最初の大ヒットを放ったのも彼ですし
   リズムものの良さもさすがは ジェイムズ・ブラウンのライバル
   素晴らしい曲を作り、歌っています。 
   もう一度スポットがあたってもおかしくない歌手であることを
   再確認した3時間でした。  

   中間部で男ばかりでは色気がないかと思い、
   Dial レーベルの Lady Soul "Anette Snell " を4枚紹介しました。
   薄幸の Lady Soul として知られるアネッタですが、まとめて聴いてみると
   味わい深いその歌唱にうたれます。レコードが極端に少ない人なので
   取り上げられることも少ない人ではありますが、大事にしたい逸材です。
   飛行機事故で亡くなったのが32歳の時ですから、本当に惜しい!!

  

2012年10月7日

7インチ・シングルを回す日

            

昨10月21日(日)

62回目の「靜岡 Soul Seminar」を開きました。

今回はバタバタしていて、開催告知を出すのを

忘れてしまったので、次回からはしっかり貼りたい

と思います。

 さて今回のお題は「Roy C」です。

といっても、知らない方がほとんどでしょう…

ニュー・ヨークを中心に活動していた シンガーで

全盛期は70〜74年頃の おじさんSoulmanです。

うたう以外に作詞・作曲もこなし、プロデュースもやり

レコード会社も経営し、それを売るレコード屋さんから

配達する配送業まで手がけてしまう という おっとろしい

オヤジなのであります。

 昨晩は、約3時間30分40曲以上の彼関連の ”音”を

全てシングル盤で紹介しましたが、聴きごたえのある曲も

多く、かけている自分が曲に酔いしれてしまったのでした。

 若いDJや特にサウンド・クリエイターには彼のバック・バンドである

「Honey Drippers」の ”Impeach the President” という曲が

サンプリングの大ネタとして有名です。

 私たちオールド・ファンにとっては スローの "She Kept on Walkin'”

やミディアムの "Got to Get Enough" なんかが当時の定番でした。

Roy C は今でも自分のレコード会社をもって、今年もCDアルバムを

出すなどまだまだ現役で活躍しています。

 なるべく早く 「Soul Seminar」の音源を短いですがアップして

おきますので、聴いてみてください。

 では、また選曲作業に戻ります  BYe-Bye

Powered by Flips
編 集